広瀬浩二郎氏から「日本画にさわる」イベントのお知らせ

今日は9月30日(土)に東京・銀座のギャラリーで開かれる「日本画にさわる」イベントのお知らせです。

9月25日~30日に日本画家の間島秀徳さんの個展が開催されます。この展覧会の関連イベントとして、最終日に僕が間島さんの作品にさわらせてもらいます。

「日本画にさわる」イベントは2014年7月に初めて実施し、多くの方にご参加いただきました。
その時の間島さんの作品の手触りは衝撃的なものでした。
僕自身、「絵にさわる」ことにより、いろいろな刺激をいただきました。
あれから3年。
間島さんの作品「KINESIS」も進化・深化しましたし、僕も「無視覚流アート鑑賞法」を各地で実践しています。
そんな二人の再会により、何が生まれるのか。
新しい絵画鑑賞の魅力を発信するイベントになればと願っています。
イベントでは、参加者のみなさんが実際に「絵にさわる」体験をしていただく時間も確保しております。
お誘いあわせのうえご参加ください!

会期:2017.9.25(mon)-30(sat) 10:00-19:00
会場:ステップスギャラリー(〒104-0061東京都中央区銀座4-4-13 5F)
Tel&Fax 03-6228-6195

◆2017.9.30(sat) 13:00-16:00
広瀬浩二郎(国立民族学博物館准教授)×間島秀徳
「無視覚流アート論 vs Kinesis~絵画を触楽する、制作者と鑑賞者の《気》の対話」

コーディネーター:篠原聰(松前記念館学芸員)
司会:塚崎美歩(美術評論、北翔大学学外研究員)
定員:30名(要メール予約) ワンドリンク付500円

予約メールアドレス:stepsyoshioka@nifty.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です