『おもしろ哲学 未華の冒険』

本のご紹介

全国視覚障害教師の会の山口 通先生が、このたび『おもしろ哲学  未華の冒険』 (本の泉社)を出版されます。

来春2月発行予定です。

あらずじは次のとおりです。

*未華(みか)は高校三年生。

授業で不思議な冒険の旅に出る。その旅とは哲学入門の旅だ。

私と人間、人類史、自然史、宇宙史への旅。

未華とクラスの冒険の旅がはじまる。

★エピローグより

本書には哲学史、思想史はほとんどありません。

哲学史、思想史を学ぶための、その前段としての「おもしろ哲学」です。

本書の特徴は三つです。

一つは、わかりやすく、おもしろくに勢力を尽くしたこと。

二つ目は、哲学とは何かに対する回答の明確化。

三つめは、真理とは何かを具体的に考える素材の提示です。

「続 おもしろ哲学  美華の冒険」では、宗教および弁証法があります。
これは真理探究および教養としての宗教を学ぶとの視点から書きました。苦労の連続でしたが、新たな発見も多く、私自身が学ぶこととなりました。視覚障碍者および多くの皆さんに背中を優しく押されて書き終えることができました。

是非、多くの皆さまにお読みいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です