藤田が行く!

No.552 バードウォッチング

戸山公園でのバードウォッチングに参加しました。 新宿区立戸山図書館主催のイベントです。 募集開始から2、3時間で、満員御礼の嬉しい状況。こちらは、いつもユニークで楽しい企画をなさる。 矢部館長の豊富なアイデア、人脈のたまものでしょう。 さて、参加者のほとんどは、ガイドヘルパーさんと一緒の視覚障害者のみなさん。 そんな中、副都心線東新宿駅から、ご夫婦で参加の高齢のお二人を館まで...

No.551 お別れの会

社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター(杉並区)の初代理事長 高橋実氏が3月22日、亡くなられました。 92歳でした。 お別れの会が、7月7日 13時 グランドヒル市ヶ谷で開催予定です。ボランティア等が気軽に集まれる会だそうです。たくさんの参加を期待します。 通夜と告別式の際には、当会として、弔電を打たせていただきました。 北海道のご出身で、たしか2、3年前にはご長男と生...

No.550 『勇気と覚悟』 視覚障害学生の実験教育における技術支援

早稲田大学出版部から『勇気と覚悟』が、刊行され、紀伊國屋書店新宿本店で、記念トークイベントが開かれました。 その中心となったのは、早稲田大学理工センター技術部教育研究支援課長 地神さんたちです。 確か筑波大学附属視覚特別支援学校(附属盲)での「科学へジャンプ」に参加しました。その折、鳥山先生から地神さんを紹介していただき、その後、ボラセンに来てくださったのが、始まりだったと記憶していま...

No.549 子どもたちへの種まき

近くの小学校の4年生に、視覚障害者のことを話す機会をいただきました。 担任の先生からは、簡単に子どもたちにもできることをということでしたが、4年生の理解度がわかりません。 先ず、100均のスケッチブックを買い、言葉を提示しました。 更には、当会の副代表のアイデアで、ほんの3行ほどの文章を点訳ボランティアさんに打ってもらいました。それを全員に配りました。 それから私の自己紹介...

No.548 久しぶりの大阪 その2

日図研の研究大会に参加するならいつも通り、地元の音訳ボランティアのみなさんと、交流しようと思いました。 研究大会の前日、寝屋川市にお邪魔することに。 府内で唯一の団体会員「朗読ボランティアにじの会」です。 13時30分からの交流会に合わせ、東京駅10時発ののぞみの乗車券を事前購入。 駅に到着すると人身事故で、全ての新幹線がストップ。 私が乗るべき車両は、いつ出発するか...

No.547 久しぶりの大阪 その1

2泊3日で大阪に行ってきました。 そもそもは、2日間にわたる、日本図書館研究会(日図研)の第65回研究大会に参加するためでした。 日本図書館協会(日図協)は、馴染み深いところですが、お粗末ながら日図研は知りませんでした。 多くの図書館員と図書館協会者が集い、協力し合って研究と実践の融合を目指して活動しています。 初日には、個人とグループに分かれた研究発表。 2日目には...

No.546 2023年最後の講演

昨年のことで恐縮です。 昨10月、長野県視覚障害者福祉協会主催の音訳ボランティアセミナーに参加した折、「うちの会にも来てくれますか」と声をかけられました。 そして正式に、塩尻朗読ボランティアグループから、講演依頼が来て、12月半ば、粉雪舞う塩尻駅に降りたったのでした。 広報とプライベート録音図書製作が主な活動のようです。 これからの会の行方、運営を前向きに考えたい人たち、現...

No.545 映画「桜色の風が咲く」テレビ放映

明けましておめでとうございます、というのも憚られることが起きました。 よりによって元日から、能登半島地震、続く羽田空港での飛行機の炎上。 亡くなられた方々とご家族のみなさまへのお悔やみ、被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。 さて、暮れにメーリングリストで流れてきた情報がありました。 映画「桜色の風が咲く」が、テレビ放映されるというものです。 盲ろうの東大教授...

No.544 読書バリアフリー

『読書バリアフリーフォーラム〜こんな立場の人も読書バリアフリーを必要としています!〜』が、豊島区の「あうるすぽっと」で開催されました。 公益財団法人 文字・活字文化推進機構と豊島区の共催です。 今回の登壇者のなかで、ディスレクシアの藤堂栄子さん、日本図書館協会著作権委員会の小池信彦さんのお二人は、あちこちでお目にかかります。 また、コーディネーターの筑波大学附属視覚特別支援学校の...

No.543 瞽女唄コンサート

師走に入って間もないある日、都内両国で、『越後瞽女唄「さずきもん」東京公演 瞽女の足跡 その三』が開かれました。 人間国宝であり、最後の瞽女と言われた、小林ハルさんから指導を受けた萱森直子さん。そのお弟子さん「さずきもん」の小関敦子さん、その妹弟子である我らが広沢里枝子さんお二人の舞台です。 広沢さんの力強い伸びやかな唄声は、健在でした。 太夫役の広沢さんと才蔵役の小関さんの掛け...