音ボラネット事務局 のすべての投稿

盲導犬イベントのお知らせ

盲導犬イベントのお知らせが届きました。
お近くの方、お誘い合わせの上、いかがでしょうか。

第12回盲導犬体験フェアin松戸

日時:平成30年11月3日(土・祝日)
   午前10時から午後3時
会場:松戸市健康福祉会館ふれあい22
一般参加  申込先:
盲導犬を普及させる会 TEL 090(8003)7790
視覚障害者 申込期間:平成30年10月1日~11月1日

      予約参加:先着120名
      (盲導犬体験歩行は視覚障害者優先で当日先着60名、小学3年生以上)

目的:盲導犬使用希望者の掘り起こしと視覚障害と盲導犬について啓発

内容:実習     ①盲導犬体験歩行(視覚障害者&健常者)
          ②視覚障害者のガイド(健常者)

   講話     盲導犬使用者の体験談
   講話とビデオ ①盲導犬の基礎知識
          ②視覚障害者の介助の仕方 

参加費:無料 昼食はありません。

         問い合わせ先:盲導犬を普及させる会事務局 
住所:松戸市松戸1813-1-905
電話090-8003-7790 
FAX 047-711-9988 
e-mail:info@modokenfukyu.net

主催:盲導犬を普及させる会
後援予定:千葉県・松戸市・松戸市教育委員会・(公社)千葉県獣医師会、
協力:松戸市視覚障害者協会・日本盲導犬協会

No.453 著作権法の改正

専修大学神田キャンパスの大学院棟で、日本出版学会・出版アクセシビリティ研究部が主催の講演会がありました。

筑波大学附属視覚特別支援学校の宇野和博先生から「マラケシュ条約の批准と著作権法改正、そして真の読書バリアフリーを目指して」ー北風か太陽か、いやWinWinでしょーという、示唆に富んだお話がありました。

ここでは、特に私たちに関係する著作権法改正について、報告しておきます。

2018年4月25日、参議院本会議において、「盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者が発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約」の締結案が、全会一致で承認されました。

また、5月18日、国内法整備として著作権法が改正されています。

先生は冒頭、「結論は一つ、読書障害者にも出版社にも著者にも利がある、Win Winの関係を確立すること」とおっしゃっていました。

さて、マラケシュ条約とは、世界中の読書に困難のある障害者の読書環境を整備していくことを目的としています。

受益者は視覚障害者、読み書きに困難のある発達障害者、寝たきりや上肢障害のため本が持てなかったりページがめくれない身体障害者、左右の目の焦点が合わせられないなどの眼球使用困難者と定義されています。

世界盲人連合によれば、障害者が読書可能な本の数は、発展途上国で1%未満、先進国で7%と推計。
我が国の現状はというと、国立国会図書館には、1千万タイトル以上の本が納本されているにもかかわらず、国内のアクセシブルな図書数はサピエと国会図書館を合わせても点字が約19万タイトル、録音が9万タイトル、その他の媒体は1万タイトルにも満たないわけです。
文芸書が多く、専門書や児童書が少ないという内訳になっています。

37条3項による複製等を行える主体を拡大することを目的とした制令が改正されれば、地域ボランティアや社会福祉協議会や障害者団体も著作権許諾の問題に悩まされることなく、音訳、拡大、電子化などに取り組めるようになるということで、今まで待ちに待った朗報というべきものです。

しかし、ここで見逃してはならないのは、足かせがなくなり製作できるようになり、せっせとアクセシブルなデイジー図書を作ったとしても、全国の利用者に活用される道はあるのかということです。

お金がかかるので、ボランティアグループはなかなかサピエには、入れません。
絶対的に足りていないデイジー図書を少しでも増やすためにも、死蔵などあってはならないと思うのですが…。

国会図書館の間口をぜひとも広げて、ボランティアが作ったものも入れていただきたいと切にお願いするものです。

私たちだけではどうしようもないことは、当事者の皆さんや関係の皆さんと、連携協力しあって、運動していかなくてはなりません。
そのためにも、音訳ボランティアも今以上に著作権のことを勉強していかなくてはなりません。

BABAフェス 台風のため中止です。

「藤田が行く!!」No.448でお知らせしました「2018BABAフェス」は、台風24号の接近が予想されるため、中止となりました。

準備に多くの時間けてきましたので、大変残念ですが、来場者の安全第一を最優先に考え決定しました。

延期して開催も検討しますので、その際はあらためておしらせします。

No.452 視覚リハの大会に参加

神戸国際会議場と展示場、そして神戸アイセンター Vision Parkを会場に、視覚障害リハビリテーション協会主催の第27回視覚障害リハビリテーション研究発表大会が3日間にわたり開催されました。大会テーマは、「発見そして自立」~視覚リハの新時代へ~です。

今まで、読書工房の成松さんたちのご厚意で、出展のお手伝いを名目に、わが音ボラネットのチラシを配布させていただいたりしたことがありました。

それでこの世界、すっかりわかったような気になっていました。

とんでもありません。

そこで今回は、しっかり参加費を払い名札をさげて、堂々?と参加しました。
3日間ですので、多彩なプログラムが用意されています。
合間にはポスター発表も行われます。

中には、Rー1グランプリ2018で優勝した、ピン芸人の濱田祐太郎さんのおしゃべり、ジャズ演奏や落語までありました。

総会にまで参加して、しっかり勉強したつもり、しかしあまりに中身が濃く、かつ豊富すぎて、小さい頭からこぼれでる方が多かったかもと反省。

特に事前申込みをしていてよかったと感じたのは、初日の「視覚リハ自分ごとプロジェクト」クローズアップ 子どもたちの未来 視覚障害がある子どもたちの未来を考えよう です。

福井盲の岡島先生が総合司会ということや、たぶんこの大会では取り上げられたことのない、子どもたちのことに焦点が当てられていたということが、きっかけになりました。

4人の報告のあとのグループディスカッションが有意義で、楽しかったです。
老いも若きも、そして眼科医、教育や福祉関係者等のさまざまな分野のみなさんとの話し合いが、実にいい企画だと思いました。

やはり、キーワードは連携です。

大会長の高橋政代(理科学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー)さんが、「近い将来、人工知能などの発達により、医療も大きく変わります。今後医療は、病院から開放される方向にあり、疾患だけではなく人びとの生活まで考えるものになる必要があります。眼科とロービジョンケア、福祉はいずれ融合されるべきもの…」と開会の挨拶で述べられていることと、符合するのではと感じました。

たくさんの特に若い当事者のお話を伺えたことは、何にも変えがたいことでした。

会場でお会いした、文科省の青木先生、全視情協の竹下理事長ご夫妻、日本盲導犬協会の吉川専務理事、ユイマールの守田先生とお母さま、藤原さん、名寄の姉崎さん、加藤俊和さん、日本ライトハウスの岡田さん、タイムズコーポレーションの山口さん、月刊視覚障害の星野さん等々、お名前を書ききれない多くのみなさまと再会できたこと、本当に嬉しいことでした。

 

ある方から一つ気になる指摘がありました。

音訳者の皆さんも、内にだけ固まっていないで、もっと外にでて、いろんなところと協力できたらいいね。と。

日々の活動が忙しいものですからと、お話ししましたが、気になりました。

 

 

最後になりましたが、ポスター発表では、馬場村塾の大川塾長が30日に開催のBABAフェスの案内もしてくれました。

堂々としていました。

モンキーマジックの小林幸一郎さんがオーストリアで開催のパラクライミング世界大会で3連覇を成し遂げました。

初日の会場で報告されると、拍手喝采。

 

とっても嬉しいニュースでした。

 

実り多い3日間でした。

No.451 地震お見舞い

6日早朝に発生した「北海道胆振東部地震」で亡くなられたみなさまの、ご冥福をお祈り申し上げます。
そして被災されたみなさまへ、心からのお見舞いを申し上げます。

北海道には、5個人と11団体の会員さんが、熱心に活動されています。
小樽、帯広、札幌、千歳、函館、旭川、苫小牧、釧路、室蘭、名寄のみなさまです。

被災された方はいらっしゃいませんか。
全道で停電と報道されていますが、さぞやご不自由のことと思います。利用者のみなさまで被害に遭われた方はいらっしゃらないでしょうか。

いくら「北の大地」といえど、まだこの時期暑い日もあるでしょう。冷蔵庫が使えなかったり、テレビが見れなかったりと、使えて当たり前のものが使えない不便さは、想像にかたくありません。

新幹線も今朝から運転開始と、徐々に復旧作業が進んでいるようです。
でも日常が戻るまで、今しばらく時間がかかるでしょう。

夏の疲れが出てくる頃でもあります。
どうぞみなさまくれぐれもお気をつけください。

今年は、豪雨、台風、地震、酷暑と、自然界がどうにかなってしまったのかと思うほど、いろいろ続きます。

お互いにいつ何が起こっても慌てない防災を心がけましょう。

No.450 企業とのコラボ

2012年の夏のことです。

私たちが活動拠点として使わせていただき、いつもいろいろとお世話になっている「東京ボランティア・市民活動センター(ボラセン)」のコーディネートで、(株)日立製作所の社員を対象とした「音訳ボランティア体験学習会」に協力したことがあります。

日立グループで働くみなさんが、ボランティア活動を理解し、参加するきっかけを作る場として企画されたもので、企業とボランティアをつなぐ、大変に貴重な経験でした。

この様子が日立のWeb上で公開され、後日、これを見た埼玉県三芳町の福祉課の三室さんから、ご連絡をいただきました。

町が音訳ボランティアの育成に向け、準備をするということで、講師の紹介などを通し、さまざまボラセンで語り合いました。
ありがたいことに、今もってお付き合いが続いています。

この時、三室さんが「失礼ながら単なるボランティア団体なのに、大きな企業とコラボしているということを知り、これは絶対、信頼のおける団体に違いないと思いました」と。
ありがたい一言でした。

さて今度は、先日のことです。

(株)電通のCSR担当の田さんから「音ボラネットのHPを見つけて、ヤッタ!と思った。

社員参加型コミュニティー活動に力を入れようと、さまざま模索している。すでに、2~3ボランティア活動を行っているが、更にデジタル的なものを開拓したいと思っている。

個々人が社外で活動するというよりは、社内のCSR担当部署を窓口とし、勤務時間内で参加できるような活動が望ましい。

イメージに近いのは、音ボラネットの活動。会社単位、またはチームとして参加できるか。どのような条件が必要か」等々のお尋ねでした。

私たちの活動に関心を寄せて下さったことへのお礼と共に、「できれば一度お目にかかりたい。

更には情報弱者といわれる視覚障害者への情報提供の一つである、音訳は、日本語が読めて話せる人なら誰でも、すぐにできるものではない。

その上で、電通さんの条件を考えると、テキスト化プロジェクトの活動が最適と思われる。

大学受験や資格試験のためのテキストや参考書、問題集、論文執筆などのための専門書など、音訳では時間がかかって間に合わないものの依頼が引きも切らずにある。

PCに堪能なみなさまなら、たぶん明日からでも即戦力として活動が可能」と回答しました。

後日、ボラセンでご対面。
やはり顔を合わせるということは、親近感もわきますし、誤解が生じることもほとんどありません。

事務局からは猪俣さん、大田さんに同席してもらい、現場の作業状況を説明してもらいました。

「実施の具体的な形など検討しつつ、社内告知、参加者の募集など順次進めていきたい。いい形でコラボできますように」と。電通さん。

実施にあたっては、参加のみなさまに、事前に視覚障害者の生活・読書等の実態をお話させていただきたいと、お願いしてあります。たぶん、こが一番大事なことだと思っています。

楽しみに再度のご連絡をお待ちしたいと思います。

NO.449 会報の活用法

6月のシンポジウム「音訳者に未来はあるか!?」、おかげさまで好評のようで、11月11日の第2弾も期待されているようです。

この報告を兼ねた会報「音ボラネット通信」第34号を出しました。
今までにない反響の多さにびっくりしています。

一例です。当日参加。後日、会で報告しなければならないのに、あまりに内容が豊富で、どこまで伝えられるか、不安だったそうです。そこへ、会報が送られてきて、当日の内容が最大漏らさず掲載されていて、これだと思ったとか。

ぜひ、みんなに読んでもらいたいので、会員数15部ほど送ってもらえないかと。

前後して同じような依頼が複数ありました。

大田編集人を先頭に毎回、事務局一丸となって苦労して作っている会報です。情報をしっかりと受け止めていただければ幸甚です。

ここで、この会報が普段どんなふうに活用されているのか、にわかに気になりだしました。
個人会員は問題ありません。

団体会員の場合、会員数が10人くらいのところから、100人に近いところまでとさまざまです。
たった1部の会報を、どうやって全員で共有するのでしょうか。

先ず事務局の中では、編集人の大田さんが所属する、富士見市音訳グループ「かたりべ」、そして、当会発足当初からのメンバーで、ネットワークをつくりたいという私の提案に、ぜひ一緒にと言ってくれた川上典子さんの相模原市録音奉仕会、少なくともこの2つの会は毎回、人数分コピーをとり全員に配布、都度勉強会を開くという取り組みをしているとか。頭がさがります。

まだ他にも、こんなふうにしてしているところがあるでしょうか。

逆に会報があることを知らなかったとか、活動拠点のどこかにぶら下げられているけど、読んだことがないとか。

ほとんどのところが、代表の自宅に送られています。お忙しいでしょうが、一人で大事に抱え込まないで、どうか活用してください。

ところで、こんな嬉しいこともありました。

ずいぶんと前のことになりますが、名古屋に転居した岩田麻里さんがキーパーソンでした。都内在住中に事務局に関わってくれていた方です。

その名古屋には、名古屋盲人情報文化センターがあります。

名古屋ライトハウスと呼ばれていた時代、所長だった近藤豊彦さんや故浦口明徳さんとは、深いご縁がありました。近藤さんとは、今も!ですが。

現在の音訳担当の野田裕貴さん。

私も何度かお会いしていましたので、シンポジウムのご案内を差し上げました。

喜んで参加。会場で個人会員の申込みをして下さいました。

伺えば、先の岩田さんから会報を見せてもらっていたと。
とてもありがたいお話です。

岩田さん、野田さん、ほんとうにありがとうございました。

みなさまからの、こんな活用法あります!!という情報、ぜひお寄せください。お待ちしています。

音ボラのHP セキュリティー強化しました。

このほど全国音訳ボランティアネットワークのホームページはセキュリティ強化のためサイト全体を常時SSL化(HTTPS化)しました。
常時SSL化により、改ざんやなりすましの防止、盗聴防止、マルウェア対策、Free Wi-Fi接続での安全性の確保など、より安心してご覧いただけます。

通信が暗号化されますので、サイトトップのURLが『 https 』
からはじまるアドレスとなります。
なお、以前のサイトURL『 http 』からでも、アクセスすることができるようになっておりますが、ブックマークをしている方はURLの修正をお勧めいたします。