音ボラネット事務局 のすべての投稿

読書バリアフリーに向けた研修会のご案内(埼玉県立久喜図書館)

埼玉県立久喜図書館から研修会のご案内が届きました。

以下ご案内——-

埼玉県教育委員会では文科省の委託を受けて、以下のような「読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」を開催します。

直接参加と後日動画配信の二つの方法で参加できます。

11月4日午前中は、音訳講師の安田先生をお招きして音訳者・音訳ボランティアを対象とした内容となっています。(半日のみの参加も可能)

ぜひご参加について、ご検討をお願いします。また、お近くの音訳ボランティアさんにもお伝えいただけると幸いです。

図書館雑誌9月号告知文原稿「令和3年度読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」
(ほぼ同じ内容で、日図協メールマガジン9月第2週号にも掲載予定)

埼玉県教育委員会では、文部科学省の委託事業として、「令和3年度読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」を次のとおり開催します。

1 開催日:令和3年11月4日(木)、5日(金)

2 会場:11月4日 さいたま市文化センター小ホール
11月5日 さいたま文学館文学ホール

3 対象:公共図書館・学校図書館・点字図書館職員、音訳者等の図書館協力者・ボランティア、その他読書バリアフリーに関心のある人

4 定員:11月4日(170人)、11月5日(75人) 半日・1日のみの参加も可、ただし新型コロナウイルス感染拡大状況により変更あり。その他後日の動画視聴も募集。

5 参加費:無料

6 講座の内容

(1)11月4日(木)

開会式

講演「録音資料製作と音訳者に求められる技術」(安田知博氏)

記念講演「発達障害の子供を持つ親として思うこと 子育てから学びまで」(牧野綾氏)

パネルディスカッション「読書バリアフリー法を活用して視覚障害者等への情報提供

を 公共図書館・学校図書館・点字図書館の役割」

パネリスト:杉山雅章氏、牧野綾氏、生井恭子氏、佐藤聖一(コーディネイター)

* 終日、会場前ロビーで、障害者サービス用資料の展示と体験会

(2)11月5日(金)

行政報告「読書バリアフリー法とその基本計画」(文部科学省)

講義「さまざまな障害者サービス用資料とその使い方、サピエ図書館の紹介」(県内県立・市立図書館職員)

事例紹介「視覚障害者の最新の読書環境 点字・デイジーから電子書籍の音声読み上げ機能まで」(荒川明宏氏、木下良一氏)

終了後、さまざまな再生機器の体験会

7 希望により、手話、要訳筆記、点字資料、事前データ送付、最寄り駅からの送迎等の配慮を行う。

8 申込締め切り:10月27日(水) 定員になり次第締め切り

9 問い合わせ先 埼玉県立久喜図書館バリアフリー読書推進担当

詳細、申込方法案内 https://www.lib.pref.saitama.jp/event/cat75/barrier-

free.html

(その他案内HP)

文部科学省委託「令和3年度読書バリアフリーに向けた図書館サービス研修」 – 埼玉県

https://www.pref.saitama.lg.jp/g2208/library-info/0309-07.html

久喜図書館研修ちらし_2021.11

特別研修「読書のバリアフリーをすすめるために」

障害があるために、紙の本では読むことが難しい子どもたちが大勢います。そのような子どもたちへの読書支援を目的に、点字、録音等さまざまな資料が作成されていますが、読書環境の整備はまだ充分とはいえません。

特別支援教育を受ける子どもたちは年々増加しており、電子図書などの支援媒体の充実とともに、障害のある子どもたちへ読む楽しさを提供できる人材の養成が求められています。そこで今回は、読書バリアフリー法の概要と公共図書館・学校図書館の取り組みについて学ぶ機会として、読書バリアフリー研究会をオンラインセミナーにて実施します。

これまで読書を諦めていた子どもたちに読書の喜びを届けるため、ぜひこの研修をご活用下さい。

主催:公益財団法人伊藤忠記念財団
共催:国立国会図書館 国際子ども図書館

【日程】
オンラインセミナー(オンデマンド配信)
2021年11月1日(月) ~ 12月12日(日)

【内容】
読書バリアフリー法ってどんな法律?(60分程度)
筑波大学附属視覚特別支援学校 教諭 宇野和博 先生

これからの公共・学校図書館を考える(60分程度)
専修大学文学部 教授 野口武悟 先生

国際子ども図書館が所蔵する障害者向け資料とその提供について(20分程度)
国立国会図書館国際子ども図書館

【対 象】
学校教職員、図書館職員、医療関係者、障害のあるお子さんのいるご家族、その他この研修内容に興味や関心のある方。(原則として18歳以上)

【募 集】300名                  【受講料】無 料

【申し込み】以下のWEBフォームからお申し込みください。

① 参加者氏名・よみがな ② Eメールアドレス ③ 電話番号 ④ 所属 (ある方のみ)   をお知らせ下さい。

申込期間 9月29日(水)午前9時 ~ 10月24日(日)

お申込みWEBフォーム:https://form.ndl.go.jp/form/pub/kodomo/apply_event2021-02

*お申し込みを頂きました方には、自動返信でお申し込み確認メール(kenshu@kodomo.go.jpより)をお送りします。
その後、10月28日(木)までに、配信URL、ID、パスワードをメール(bf-book@itc-zaidan.or.jpより)でお送りいたします。
また、「kenshu@kodomo.go.jp」及び「bf-book@itc-zaidan.or.jp」からのメールを受信できる設定になっているかご確認ください。

*お申込みにあたりお知らせ頂いた個人情報は、本研究会の運営のみ使用いたします。

【問合せ】
公益財団法人 伊藤忠記念財団
電子図書普及事業部
〒107-0061 東京都港区北青山2-5-1
[電話]  03-3497-2652
[メール]         bf-book@itc-zaidan.or.jp
[ホームページ]          https://itc-zaidan.or.jp

オンラインシンポジウムをYouTubeで!

「藤田が行く!!No.505」でご報告しました、先日のオンラインシンポジウム「本と多様な立場の読者をつなぐために」のアーカイブ映像が公開されました。
藤田が行く!!にも輕部さんからコメント(情報)をいただきましたが、こちらからもご案内いたします。

以下のYouTubeページよりご覧いただけます。

シンポジウム「本と多様な立場の読者をつなぐために」

字幕付き https://youtu.be/sGoPAtN5KO8
字幕なし https://youtu.be/LNoV_w7z4_c

【パネリスト】

熊谷晋一郎さん(東京大学 先端科学技術研究センター准教授)

平林ルミさん(学びプラネット代表)

丸山正樹さん(作家)

【コーディネーター】

宇野和博さん(筑波大学附属視覚特別支援学校教諭)

・読書バリアフリー法

・サポートを求める人たちの現状

・マイノリティにとっての文字 活字

・ICTを活用する支援の実例

・書き手の想い

などなど、活躍の分野が異なる3人のパネリストに語っていただきました。

みなさま、是非ご覧下さい。

No.505 オンラインシンポジウム

文字・活字文化推進機構が主管の読書活動推進事業 あなたも読書サポーター! 本と多様な立場の読者をつなぐために と題してオンラインシンポジウムが開かれました。

コーディネーターは、筑波大学附属視覚特別支援学校の宇野和博先生です。

パネリストは3人。

東京大学先端科学技術研究センター准教授 熊谷晋一郎さんは、脳性麻痺により、手足が不自由で電動車椅子使用者です。自身の読書の困難、紙媒体から電子媒体へ。それでも年齢と共に二次的に発生するニ次障害もありでスムーズではない。マイノリティにとっての読書に対する見解は刺激的でした。

子どもの頃、大量生産大量消費の時代で、人間の規格化という観点で今では、あまり意味のない苦しく辛いリハビリに、親は必死だったと。やはり、障害当事者からのお話は、貴重です。

平林ルミさんは、学習に困難のある子どもたちのサポートをしています。タブレットがあると嬉しい。タブレットがあると楽しい。タブレットは、読み書きの手段。Kindleの画面読み上げで、本を読めるようになった子が、本に興味が出てきたという例は、嬉しい事例です。

丸山正樹さんは、作家です。「デフ・ヴォイス」は、聴覚障害を題材にした社会派ミステリーで、デビュー作です。障害を負った家族の介助も経験。

「読みたい人がいてこその本 でも中には読みたくても読めない人がいる 聞いたり見たり触ったり みんなが読める人に それが書く人の願い」と。

多分同じような志ざしを持った人たちが集まるわけですから、登壇者の話を聞くだけではなく、参加者のみなさんとの交流もまた楽しみでもありましたが、今はそれがかないません。

でも、オンラインであってもこういう企画があることは、ありがたいです。

新聞記事ご紹介(日本経済新聞)

音ボラネット総会で かつてご講演をいただいた栗川治先生や
テキスト化PJの利用者でもある中村雅也先生の研究が日本経済新聞の記事に取り上げられました。

9月2日の夕刊です。

初めの一部は下記からご覧になれます。

失明の元教師 研究の道へ  障害者支える社会探究: 日本経済新聞

記事へのリンク

 

 

視覚障がい者のための防災講座(ZOOM)

静岡の会員 榛葉好美さんから「視覚障がい者のための防災講座」(Zoom)のお知らせです。
榛葉さんは地元静岡で視覚障がい者支援の活動(ホワイト・ステッキ)をされています。

日時:9月23日(木・祝)13時20分より入室 13時30分より開催
全国どこでも、誰でも参加できるのがZoomです。ぜひご参加ください。

参加用のフォームPC・スマホ共用 : https://ws.formzu.net/dist/S62098423/

詳細はこちら→ ホワイトステッキ防災講演会

 

 

 

みんぱくゼミナール(オンライン)他のご案内

国立民族学博物館の広瀬氏からお知らせが届きました。
——————–
「9月2日に特別展「ユニバーサル・ミュージアム」がオープンしました。多くの方々にご支援いただき、どうにかこうにか開幕を迎えることができました。

残念ながら、計画していた9月の関連イベントはほぼすべて中止です。 また、現状では「みなさんでお越しください!」とは言いにくい状況です。 しかし、個人、あるいは少人数での来館は大歓迎ですし、さまざまな展示物をじっくり楽しんでもらう環境は整っています。

9月の関連イベントは、9月18日の「みんぱくゼミナール」のみになってしまいました。

このゼミナールでは僕が特別展の趣旨、さわり所などを紹介するとともに、9月に刊行される新刊書(さわる絵本)の宣伝もします。 全面オンライン配信で、会場参加はありません。

オンラインのメリットを活かして、全国各地からたくさんの方に参加していただきたいと思っています。

ゼミナールのテーマは、「健常者とは誰か ーー琵琶なし芳一の話」です。 「耳なし芳一」を素材として、最近僕が考えていることをざっくばらんにお話しするつもりです。

参加は無料ですが、事前申込が必要です。

以下のサイトをご確認ください。
ゼミナールのページ
https://www.minpaku.ac.jp/ai1ec_event/18133

予約ページ
https://entry-reservation-event.minpaku.ac.jp/

オンラインでの予約をお願いしていますが、視覚障害などの理由でオンライン予約が難しい場合は、電話受付も可能です。

以下の番号にて必要事項をお伝えください。

国立民族学博物館企画課(みんぱくゼミナール担当)

06-6878-8210(平日10時〜16時)

対面でのイベントができないのは残念ですが、遠方の方にも気軽に参加していただけるのがオンラインの強みです。

まずはゼミナールを聴講していただき、10月以降に特別展にお越しいただくというのもいいかもしれません。

特別展は11月30日まで開催しております。

本メールの転送・転載を歓迎します。

多くの方に9月18日のゼミナールにご参加いただければ幸いです。 広瀬浩二郎

「文字の獲得は光の獲得でした」再放送

文字(点字)の獲得を通じて人生を切り開いてこられた元教師、藤野さん(視覚障害教師の会所属)の生きざまが多くの視聴者の心に感動を呼び起こし、
度重なる再放送に繋がっているのではと思います。
再放送日程のご案内です。

9月5日(日) NHK総合テレビ

関東の東京含む1都6県 午後10:35〜11:05
関東以外 午後10:30〜11:00

パラリンピック閉会式後ですので、いずれも開始時間が後ろにずれる可能性があります

※水戸局は開票速報のため後日放送されます。

No.504 演奏会

都内池袋にある、東京芸術劇場のコンサートホールで開かれた、パイプオルガンの演奏会に参加しました。

このパイプオルガンは、世界最大級と言われています。9,000本のパイプがあり、3つの時代の音色が再現できるのだとか。
更に初めて知りましたが、回転するのです。

パイプオルガンが背中合わせに2台あるのです。建物に付随する楽器ということで、同じものは2つとありません。

音の厚みというか重厚感たっぷりの音色。歴史の重みみたいなものも伝わってきます。

指と足を動かすのですが、足を右に左にと、かなり激しく動かす曲もありで、曲を聴きながら「足さばき」をみているのも面白いと思いました。

2人のオルガニストと一般参加者8人の演奏です。
この一般参加者の中に、我らが糸野海生くんがいます。国際基督教大学を経て、今は大学院生として頑張っています。

大学生時代に、大学のチャペルでの演奏会にも参加したことがありました。

今回、私たち事務局を中心に6人の参加予定でしたが、さまざま重なって結局3人になってしまいました。

ご本人には会えませんでしたが、お母さんとは、お話しができました。

2年間、オルガンにさわれず、出演が決まって練習のためにもと、あちこちのチャペルで弾かせてもらおうとしたけれど、こういうご時世で、すべて断られました。練習不足で、ミスタッチがあっても、お許しくださいと。

白杖を持って登場したのは、海生くんだけ。
曲は、J.Sバッハのトッカータとフーガニ短調 BWV 565でした。

「全盲の公認心理士を目指し、勉学と実習に励む日々。オルガンの演奏と心理面接は、よく似ている。どちらも相手の話・音をちゃんと聴くことが大切。でも果てしなく難しい。楽器にとって最も自由で自然な音が響かせられるように」と。(トウキョウ・オルガン・マラソン「オルガンは回る」)プログラムより抜粋

実に堂々とした、すばらしい演奏でした。

「ブラボー!」は禁じられていましたが、その分力一杯、拍手をおくりました。

ガンバレ、海生くん!みんな応援してますよ。

 

No.503 養成講座

照れば猛暑、降れば大雨という、何とも激しい気象状況です。
そして何にも増して、コロナの感染拡大。
皆さま、お変わりありませんか。

さて、7月初めに、成田市立図書館からの要請をいただき、2回にわたる「音訳協力者養成講座」をお引き受けして、成田市まで足を運びました。

例年ですと、あちこち人の海の中を泳ぎ回っていましたが、今は、ほとんど全てといっていいほどの集りが中止や延期になったり、実施される場合でも、リモートでとなっています。

そんな中、対面の講座が開かれることはありがたいです。何だかホッとします。

今回は、「肉声による音訳の将来」〜音訳者の高齢化と録音図書の質の問題〜について話しました。

図書館では、市内で活動する四つの音訳グループのみなさん一人ひとりと契約しています。

その中に、当会会員の「コスモスの会」のみなさんも参加していました。心強かったです。

そろそろ音訳をやめようかと思っていた。今回話を聞いて、もう少し頑張ってみようかと勇気をもらったと言ってくださる方がいて、私の方が励まされました。

利用者の声を聞かせてほしいという、希望もありました。ありがたいことに、私はたくさんの利用者さんと繋がっています。なにかあればメールや電話で、教えを乞うたり、情報交換したりしています。

利用者さんとの交流がないという音訳者がいるということに、一抹の危惧を覚えます。私たちの活動は、利用者ありきで成り立っています。

ただ音訳をしていればいいというのとは、違うと思いますが、皆さまいかがでしょうか。
ぜったいに音訳者よがりは、避けたいものです。