「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」のお知らせ

今年最初の自主企画として2016年1月31日(日)、東京都現代美術館(東京都江東区)「MOTコレクション」展にて、「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」を開催します。「みえる」「みえない」に関わらず、会話しながらMOTコレクションの作品を鑑賞します。どなたでも参加出来るワークショップです!参加希望の方はメールにてお申し込みください。
主催:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ
※1月17日に東京都現代美術館で開催するギャラリークルーズとは別の企画です。

【日時】1月31日(土) 11時~13時
【展覧会】MOTコレクション

(東京都現代美術館HP)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/mot-collection-2015.html

【集合場所】
10:30 東京メトロ半蔵門線、大江戸線「清澄白河駅」A3出口方面改札をでたところ
※半蔵門線の場合は渋谷方面の改札です。大江戸線は改札はひとつだけです。
【定員】18名 参加方法:事前申込制
【参加費】ワークショップ参加費 :一律 500円(別途観覧料がかかります)
展覧会観覧料:一般 500円 大学生400円 高校生・65歳以上250円中学生以下の方、障害者手帳をお持ちの方(付き添いの方2名)は無料
【お申し込み方法】以下の項目を記入の上、メールでお申し込み下さい。
申込先:kansho.ws@gmail.com
1、お名前(ふりがな)
2、メールアドレス
3、携帯電話番号(当日連絡先として)
4、視覚障害の有無
5、一般または学生の区分
6、今回のワークショップ情報をどちらでお知りになりましたか?
7、ワークショップに期待すること(楽しみにしていること)があればご記入ください。
【受付締め切り】1月20日(水)定員になり次第締切

 

【視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップとは】
障害の有無にかかわらず、多様な背景を持つ人が集まり、言葉を交わしながら一緒に美術鑑賞をするワークショップです。さまざまな視点を持ち寄ることで、一人では出会えない新しい美術の楽しみを発見します。誰もが気軽に美術館を訪れて、感じていることや印象、経験や考えを自由に語り合う、そんな美術鑑賞のスタイルを目指しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です