TV番組のご案内

ハートネットTV(NHK)7月特集として
「シリーズ 障害のある女性」が7月5日、6日の二日連続で放送されます。

7月5日(火) 第1回 知ってほしい!私たちの生きづらさ

7月6日(水) 第2回 本当は産みたかった~強制不妊手術54年目の証言~

第1回 7/5(火)午後8時から8時29分
「知ってほしい!私たちの生きにくさ」

※再放送7月12日(火)午後1時05分から1時34分まで

放送内容(予告)
第1回は、障害のある女性が今どういった生きにくさを抱えているのか、その実態と必要な支援について考えます。2012年に当事者団体「DPI女性障害者ネットワーク」が行った実態調査によると、35%の人が何らかの「性的被害」を受けた経験があると回答。さらに出産や子育て、就労などにおいても多くのハードルがあることが分かりました。

番組では、当事者たちをスタジオに招いて座談会を開き、徹底トーク。これまで見過ごされてきた障害のある女性たちの経験を共有し、どうすればいいのか議論していきます。

第2回 7/6(水)午後8時から8時29分
「私は産みたかった ~強制不妊手術 20年目の証言~」

※再放送7月13日(水)午後1時05分から1時34分まで

放送内容(予告)

第2回は、日本で戦後「優生保護法」(1948~96年)という法律のもとで行われていた、障害者への強制不妊手術について取り上げます。法律には「不良なる子孫の出生を防止する」と掲げられ、多くの知的障害者や精神障害者が、子どもを産めないようにと不妊手術を受けていました。今、かつて手術を受けた女性が、自らの経験を伝え、人権を救済してほしいと声をあげています。番組では、証言をもとに歴史を振り返り、「障害のある命を産む」と

いうことについて議論していきます。

 

くわしくは番組のカレンダーから開くページ(下記)に書かれています。

各回のゲストのお名前もあります。

7月5日

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-07/05.html

7月6日

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/calendar/2016-07/06.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です