N0.326 新潟での打合せ

先日、葉桜の東京を後に桜花爛漫の新潟へ向かいました。
5月24日のシンポジウムで司会・進行をお願いしている市内の栗川先生とお会いし、その後で、「名著を読もうプロジェクト」の打合せもできればと、待ち合わせ場所を、新潟県点字図書館にしていただきました。おかげさまで、館長にもご挨拶できました。
栗川先生は、現役の高校の教師で、利用者というお立場でもあります。「名著シリーズ」の音訳依頼者であり、時によっては、文芸書であってもテキスト化が必要とおっしゃる方です。
司会には、ぴったりです。何度もメールや電話で、やり取りしましたが、やはり顔を合わせての打合せが大切です。
さて、この後、点字図書館の狩野さんを交えて、種々話しました。
あくまでも、新潟点図への協力なので、全視情協のマニュアルが基本です。
公共図書館等で活動しているみなさんには、戸惑う点もあるかもしれません。しかし今回、狩野さんの方に寄せられている質問等は、共通のものが多いそうです。
そこで狩野さんから、簡単な枠アナウンスに関するマニュアルを出していただこうと思いますので、みなさん引き続きよろしくお願いします。またまた、有意義な打合せができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です