視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップのお知らせ

ヨコハマトリエンナーレ2014をもっと楽しむ美術鑑賞ツアーを開催します!参加者は4~5名1組となり、視覚障害者のナビゲートのもと、作品の情報や印象、目に見えること、見えないことを自由に会話しながら鑑賞します。障害のあるなしに関わらず、様々な視点を持ち寄ることで一人では出会えない現代美術の新たな楽しさを発見しに出かけませんか?毎回4〜5作品を鑑賞します。「みえる」「みえない」に関わらず、どなたでも参加出来るツアーです!参加希望の方はメールにてお申し込みください。

【ヨコハマトリエンナーレ2014とは】

横浜美術館と新港ピア(新港ふ頭展示施設)を主会場に2014年8月から11月まで開催される3年に1回の現代アートの国際展です。アーティスティック・ディレクターに美術家の森村泰昌氏を迎え、「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」のタイトルのもと、国や時代を超えた国内外の作家による美術作品を紹介します。

さまざまな文化を受け入れてきた開港の地、横浜で開催する本展は、私たちが「忘却」してきたものに目を向ける新たな機会となるでしょう。(プレスリリースより抜粋)

【日時】8月23日(土)、9月28日(日)、10月12日(日)
各日11:00〜13:00
《各回4〜5点の作品を鑑賞。鑑賞作品は日によって変わります。》

【場所】  横浜美術館、新港ピア
【対象】  中学生以上(視覚障害の有無に関わらず参加可)
【定員】  各回15名(応募者多数の場合は抽選)
【ツアー参加費】500円(別途入場料有り、
障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は入場料無料。)

展覧会入場料(単体券):一般1800円・大学生1200円・高校生800円
他にも連携セット券や前売り券あり。

詳細はこちら→http://www.yokohamatriennale.jp/2014/outline/ticket.html
【申込み方法】
氏名(ふりがな)、参加希望日(第2希望まで記入)、電話番号、参加動機、視覚障害の有無を明記の上、件名を「ヨコトリ2014鑑賞ツアー」とし、Eメールにてkansho.ws@gmail.comまで。〆切は各開催日の1週間前とします。

【参考リンク】
ヨコハマトリエンナーレ2014公式HP
http://www.yokohamatriennale.jp/2014/

主催:視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ

プロフィール:障害の有無に関わらず、多様な背景を持つ人が集まり、ことばを交わしながら一緒に美術を鑑賞する場を企画・運営するグループ。様々な見方を持つ人同士が一緒になって新たな鑑賞の楽しみ方をつくることを目的とします。全国の美術館で鑑賞ワークショップを定期開催しています。

●本ツアーは「2014年中央ろうきん助成プログラム」の助成により開催するものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です