No.102 雑誌「世界」プロジェクト

以前ご紹介した、月刊「世界」全文音訳化のためのプロジェクトが動き始めました。8月3日、高田馬場に関係者が集まりました。特に「文芸春秋」の編集をして下さっている「音訳百舌の会」の妹尾さんにも参加していただきました。貴重な現場の生の声が聞けて、ひとつひとつ参考になりました。

2010年3月まではテスト期間とし、4月から正式に軌道に乗せたいというのが、松井さんはじめ皆さんの希望です。今のところは千葉と東京で9月〜11月までと2月の読み手グループが決まりました。12月と1月がまだ読み手がおりません。千葉、東京はもとより、神奈川、埼玉からも参加していただけるとありがたいです。ぜひ、よろしくお願いいたします。

事務局:東京ヘレン・ケラー協会点字図書館

DAISY編集:テープ版読者会

コーディネーター:松井進さん (千葉県立中央図書館)

製作方法:音訳グループ単位による参加 録音はDAISY形式

音訳期間 − 音訳・校正(2週間)

校正−グループ内相互校正

編集−テープ版読者会

提供−東京ヘレンケラー協会から、びぶりおネット経由による配信・CDによる郵送貸し出し

今回のことは点字図書館と地域ボランティアのコラボレーションで今後のボランティア活動の方向性を考える一つのテストケースではないでしょうか。うまくいくといいですね。

*連絡先 松井進さん 千葉県立中央図書館 障害者サービス担当 電話;043−222−0116 FAX;043−225-8355

E-mail;matsui-s@library.pref.chiba.lg.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です