No.109 弁論大会

10月16日、都立文京盲学校で「第78回全国盲学校弁論大会」が開かれました。過去の大会での弁論を一冊にまとめた「弁論集」を当音ボラネット事務局で音訳し、今年5月、全国の盲学校に寄贈しました。そんなことからそれぞれの弁士の生の声が聞けると楽しみにしておりました。

特別審査員に作家の阿刀田高氏、アトラクションには、全盲の演歌歌手、清水博正氏が招かれていました。結果は年長(32歳)の専攻科で学ぶベトナムからの留学生の「僕に続く後輩のために」が1位となりました。上手な日本語です。帰国してからも頑張ってほしいと心から思いました。

あとは、はからずも14歳から18歳までの若い現役生です。中でも2位の先天盲の17歳の弁論が心に残りました。赤だ黄色だ、黒だと言われても全くわからない。でも、普通の人と同じテーマで話をしたい。色そのものはわからないが、色についての知識を増やしたい。今まで取得した知識として、ユーモアを交えて黒は丹波の黒豆の黒等々披瀝していました。誰か「色辞典を作って!」という一言は彼の叫びのように聞こえました。

視覚に障害を持つ若い人たちの今を生きる「いかり」や「悩み」、その先の未来に向けての「不安」や「希望」。一人ひとりの弁論が聴く者の心を打ちます。これからも少しでもお役に立ちたいと心新たにしました。日頃、勉強会でお世話になっている「三療音訳会」の成田さんとご一緒し、共に感動した半日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です