No.197 総会も間近

千葉県立中央図書館から西部図書館に移動になった松井進さんと打ち合せをし、「ベルナのしっぽ」でお馴染みの郡司ななえさんともお会いしました。

総会の準備も最終段階に入っていますが、何で、と思うようなことが毎日、発生します。でも、事務局全員が、体調不良を吹き飛ばし、家族の介護を蹴散らし、団結して頑張っています。

さて、このような時なので、参加者は減るだろうと予測しておりました。しかし、いつものとおり、北海道や九州、そして嬉しいことに東北からも申し込みがあります。

また、会員の他に、図書館、社会福祉協議会、出版社のみなさん。そして、視覚障害教師の会の元代表山口通さん、ゆいまーるの会(視覚障害医療従事者の会)の福代表藤原義朗さん、元都立中央図書館の田中章治さん、毎日新聞社デジタルメディア局の岩下恭士さんなど利用者のみなさん等々、多彩な方々が参加してくださいます。総会はあくまで会員だけのものという考えもあるかと思います。

しかし、当音ボラネットは、来るもの拒まず、開かれた組織ということでやってきましたので、参加したいという方があればいつでも、どうぞとご案内してきました。この度の総会も、私たちの活動を知っていただく、いい機会だと思います。そしてこういう方々と、今後、何か協力しながらできることがあると思います。

「連携」ということを、言い続けてきましたが、まずは、顔と顔を合わせることから始まると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です