No.200 総会も無事終了

盲導犬を連れた利用者が、何人か参加してくださることになっておりました。やはり気掛かりは、梅雨時の空模様です。偉大なる晴れ女、晴れ男のみなさんのおかげで(因みに私は、雨女です)、お天気にも恵まれました。

二日間の全日程を無事終了できましたこと、みなさまのご協力の賜物です。お疲れさまでした。そしてありがとうございました。今総会で、一番嬉しかったことは、岩手、宮城、福島のみなさま、その他大変な中、参加してくださったたくさんの方々のお元気な姿に接しられたことでした。そして、利用者のみなさま、図書館館長、職員、社協、出版関係の方々にもおこしいただきました。

会場内が寒かったと言う人と暑かったと言う人がいました。一事が万事、全ての人に満足していただけることはあり得ません。 しかし、多くのみなさまが、「広がりをみせる音訳」の世界の情報をたくさんもらった、と喜んでくださいました。

また、「音ボラネットの成長した姿を見せていただけました」との声には、全国組織の運営などということには、まるで素人の主婦集団がやってきたことですので、みなさまと共に、ここまでこれたことに感謝いたします。

ところで、この音ボラネット立ち上げの頃、「図書館があるのに、音訳ボランティアが集まって、何をするのだろう」という声が図書館関係者からあがっていたそうです。

私たちひとりひとりの力は小さくても、関係諸機関のみなさまと連携をして、大きなネットワークになった時、利用者の生活の質の向上が、一段とはかられるのではないでしょうか。

尚、総会の詳細につきましては、7月下旬発行予定の報告書をご覧ください。すでに、総会終了の翌日から、事務局の川上は、アンケートの集計をしております。また、当分忙しくなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です