No.214 羽ばたけ視覚障害音楽家たち

暑さが戻った10日、都内セシオン杉並で「競い合い、助け合うコンサート2011」が開かれました。今年もまた、たくさんの方々に、ご協力をいただきまして、ほんとうにありがとうございました。

今回は、主催の視覚障害者支援総合センター高橋理事長の発案でペアチケットができました。一般が3000円、ペアだと3500円でした。ずいぶんとお得感があります。一人でも多くのみなさんに参加して欲しいという、理事長の思いが通じたのでしょう。いつになくたくさんの方の来場がありました。

私は、実行委員になって、舞台をすべては観れなくなりましたが、その分ロビーで、みなさんと少しでも、おしゃべりができます。年一回ここでの再会が、楽しみな方もいます。今年は、いつものみなさんの他に、大変懐かしい方々と再会しました。

このコンサートには、毎回「チャレンジ賞・サフラン賞の贈呈式」があります。この二つの賞は、職業自立して、視覚障害者の文化の向上と福祉の増進に寄与している若い視覚障害男女に贈られるものです。

このたび、チャレンジ賞を受賞したのは、ゆいまーる(視覚障害を持つ医療従事者の会)の代表、守田稔さんです。守田さんは、精神神経科のお医者さんです。副代表で、私たちの総会に参加してくださった高知市の藤原さん、事務局の方々もいらしてました。

2008年のゆいまーる発足の集まりに参加したことが、懐かしく思い出されました。守田さんは、ギラン・バレー症候群を患われて、車椅子生活を余儀なくされています。時には、音訳もなさるお母さまもお元気そうで、何よりです。

こういう専門職に携わるみなさんへの音訳サービスは、なかなか大変だと思います。しかし、こういう専門情報を音訳できる人たちが増えることを願いたいものです。守田さん、藤原さんとお話ができて、楽しい一時が過ごせたことに感謝です。ネットワークとは、人と人との繋がり以外の何ものでもありませんから。

みなさままた来年、お目にかかりましょう。今度は、どんな出会いが待っているでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です