No.469 読書バリアフリー研究会参加

新潟に行ってきました。伊藤忠記念財団主催の「読書バリアフリー研究会~みんなに読む喜びと楽しさを伝えよう~に参加するためでした。初の新潟で、それも県立図書館での開催です。また、当会の総会で新潟のメンバーに参加を呼びかけた手前もありで出かけました。 「フクロウの森の新潟県立図書館」とあるように、緑に囲まれた郊外の図書館です。2018年には、サピエに入会。本年からは、団体貸出サービスが始まりまし...

No.468 科学へジャンプ

「視覚障害児のための科学へジャンプ地域版フォーラム2019」が筑波大学附属視覚特別支援学校(以下附属盲)で開かれました。昨年に引き続きの参加です。次回もぜひ、お声をかけてくださいと、鳥山由子先生にお願いしていました。 参加者の半分は盲学校の先生ですが、もう半分は博物館関係者や私も含めた一般の人たちです。さまざまなジャンルの人から注目されているワークショップだと思います。 鳥山先生は、...

No.467 出版UD研究会「文字とユニバーサルデザイン」

朝からの土砂降りで肌寒さも増すなか、しっぽまでびっしょりの盲導犬ジョバンニと松井さん、ガイドの石崎さん、静岡の熊谷さん、図書館司書の宮崎さん、言語聴覚士の村上由美さんご夫婦、娘の友人でグラフィックデザインの勉強をしているりーちゃんなどなど、100名を超える参加者で、専修大学神田キャンパスの会場は一杯でした。 顔なじみのしかし、久しぶりのみなさんに会えるのも、この研究会ならではの楽しみでもあ...

2019年度総会

6月4日(火) 総会が開催されました。会員の皆さんのご協力のもと、無事にすべての議案が承認されました。 5日(火)には、分科会がおこなわれました。ご参加のみなさま、おつかれさまでした。 総会に欠席された会員のみなさまに11日(火)に総会資料を発送しました。           ...

No.466 わいわい文庫読書バリアフリー研究会

深緑の中に立つルネッサンス様式の洋風建築物は、国立国会図書館国際子ども図書館です。 昨年に引き続き、伊藤忠記念財団主催の読書バリアフリー研究会「障害がある子どもへ読書支援をする大人の役割」が、この国際子ども図書館で開かれました。 会場探しや登壇者の人選など、毎回ご苦労が多いことでしょう。特に関心の高い熱心な参加者が多い、東京会場は特別だと思います。140人近い参加者です。 淑徳大学の...

総会参加証(はがき)の発送について

総会に多数の参加申込みいただきまして、ありがとうございました。本日14日に参加証(はがき)の発送予定でしたが、都合により明後日16日に発送いたします。もうしばらくお待ちいただけますよう、お願いいたします。なお、今週中にお手元に届かに場合、事務局あてご連絡ください。 ...

「2019年度障害者サービス担当職員養成講座(中級)」のご案内

日本図書館協会からの情報です。総会二日目と日程が重なりますが、分科会終了後の移動で十分間に合います!音訳者も受講可能ですので足を延ばしてみてはいかがでしょうか。・・・・・・・・・・・・・・ 「2019年度障害者サービス担当職員養成講座(中級)」のご案内 (図書館などで活動されている音訳者・音訳ボランティアも参加できます。) 1 講座の概要 (1)開催日:2019年6月5日(水) (2...

安田知博氏 ご出演!

来月総会初日のご講演、公開レッスンをお願いしております安田知博氏がNHKのイーテレで放送されている「バリバラ」に、ご出演されます。副音声ではなく、コメディの役者として登場されるそうです。 放送日は5月16日と23日、いずれも木曜の夜8時です。どうぞ皆さま、ご覧下さい。 ...

『常用字解』の音訳者を再度募集します

『常用字解』音訳プロジェクトの山内薫(元墨田区立ひきふね図書館)氏、岡田健嗣(漢点字羽化の会) 氏から音訳者募集の依頼がきました。以下原文を掲載いたします。ご協力をお願いいたします。                2011年6月7日(火)に開催された全国音訳ボランティアネットワーク第3回総会の席上、「『字解』音訳プロジェクト、ご参加のお願い」というチラシを配らせて頂いてから、早くも8年の歳...

No.465 大学受験を目指す生徒さんのこと

総会準備まっただ中、某盲学校の高2の生徒さんとご両親を、ボラセンにお迎えしました。テキスト化プロジェクト事務局の猪俣さんとお話を伺いました。 これに先立つこと1週間くらい前でしょうか。「視覚障害の子どもの大学受験に向けた支援のご相談」という1通のメールが届きました。入学当初より英語の参考書の点字化を、あるボランティア団体に依頼。1年待ったが、出来上がってこない。 何度も学校や日本点字...