仙台ロービジョン勉強会のご案内

第176回 仙台ロービジョン勉強会のご案内

1 内容
(1)テーマ
拡大読書器を有効に活用してもらうために

(2)講師
岸 南希さん、高津 育美さん(東北大学病院眼科 視能訓練士)
陳 進志さん(東北大学病院眼科 あさひがおか眼科 医師)
小泉 大介さん(トラストメディカル ロービジョン・福祉機器担当)

「見えない・見えにくい」と言ってもその人が持つ視機能の状態は個々人により異なります。そんな多様な状況にあるロービジョン者に補助具を紹介し、その人が有効に活用していけるように支援するためには、個々人の希望や意向の把握、個々人の視機能の把握、そして補助具それぞれが持つ特性(利点と欠点)の把握にもとづき、いかにマッチングするかが重要になってきます。
 そこで今回は、拡大読書器の紹介および活用方法の指導について皆さんで学ぶことにしました。
 拡大読書器は、従来より視覚障害者を対象とした日常生活用具の給付制度で給付される品目の1つになっています。電源スイッチを入れると見たいものを比較的容易に大きく映し出すことができます。しかし、この簡単さがかえって「福祉制度で手に入れたけれど使いづらくて結局使っていないのよね……」という状況をもたらしている事例も少なからずあるようです。
 今回の勉強会では、眼科で医師や視能訓練士が拡大読書器の紹介や機種選定、使い方指導にどのようにかかわっているのか、どんな取り組みをしているのかについて紹介していただきます。医療・福祉・教育・労働など多分野の支援者が共通の情報を持てる場になれば幸いです。また、地域の社会資源を生かした今後の支援システムの可能性についても考える時間を取りたいと思います。 興味をお持ちの方はどうぞご参加ください。

2 日時
平成27年8月12日(水) 19時~20時30分

3 場所
仙台市福祉プラザ 11階 第1研修室
住所 仙台市青葉区五橋2丁目12-2
電話 022-213-6237
交通 仙台市営地下鉄五橋駅下車 徒歩3分

4 参加費  300円

5 参加のお申し込み方法
 会場および資料準備の都合上、参加ご希望の方は8月7日(金)までに以下の項
目をご連絡ください。
(1)お名前
(2)職業(または所属)
(3)連絡先(メールアドレス、電話番号など)
 また 視覚障害等があるための配慮として当日配布する資料の電子データの
メールでの事前送付をご希望の方はあわせてご連絡ください。

6 お申し込み・お問い合わせ先
アイサポート仙台 仙台市中途視覚障害者支援センター
電話 022-212-1131
ファックス 022-212-1136
メール sisien[アットマーク]sky.plala.or.jp
アットマークは@に置き換えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です