No.374 コンサートが無事終了

今年も視覚障害者支援総合センター主催の「競い合い助け合うコンサート2015ー羽ばたけ視覚障害音楽家たち」が、10日に無事終了しました。
実行委員として主にチケットの売りさばきに協力しています。
毎年毎年、しつこいくらい情報提供と言いながら、お誘いの手紙を書いています。
会場まで足を運んでくださった皆さまはもちろんのこと、お誘いの手紙を受けとってくださるみなさまにも、お礼を申し上げます。

今年は、打ち合わせの時の意見をもとに、チラシの工夫、内容の充実が、図られたのではと思います。
私はただ意見や感想を言うだけの気楽な立場ですが、現場の星野さんやみなさんは、いつも大変だと思います。正に言うは易し、です。
さて毎回、那須塩原市から新幹線で、参加してくれる人。ご両親が楽しみにしていると一緒に参加してくれる親孝行なお嬢さん。必ず利用者同伴の人。毎回参加しますと言ってくれる人。日頃からさまざま応援してくださる図書館職員などなど。
本当にありがたいです。

でもなかなか入場者が増えません。
原因はどこにあるのでしょうか?
日程のせいでしょうか。
秋は特にイベントが目白押しです。
今回は3連休の初日でした。遠出をするという人、お孫さんの運動会だという人がいつになく多かったようです。
この日程、私もいつも悩みの種ですが、希望の日を狙っても抽選なのです。
また出演者の人選にもよるでしょうか。

ただどんな状況であれ、一度参加してくれた人は、ほとんどリピーターになってくれます。
「励まされます」、「元気をもらいました」、「来年も楽しみにしてます」と言ってくれます。

そうなると宣伝不足でしょうか。

出演者の力強い演奏や素晴らしい歌声を聞いていると、私もまた頑張ろうと思います。

いつの日か、会場を一杯にという夢を持って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です