第4回日盲連フェスティバルのご案内

日本盲人福祉センターを一般開放して行うイベント『日盲連フェスティバル』、今年は10月15日(土)に開催します。

点字に点図、録音や見えにくさの体験コーナーにくわえて、視覚障害者が使う便利グッズ・さまざまな出来事を写真で紹介するコーナーなど、楽しい企画が盛りだくさん!疲れたときは、ワンコインマッサージでリフレッシュ!さらに今年は相談コーナーを新設、皆様の疑問にお答えします。

職員一同、皆様のお越しをお待ちしています!

開催日時

日時:10月15日(土)10:00~16:00  入場:無料
会場:日本盲人福祉センター(東京都新宿区西早稲田2-18-2)

各フロアの企画
1階
総務課:総合受付、スタンプラリー用紙の配布と景品交換
用具購買所:用具の販売やデモンストレーション
点字出版所:点字出版所の見学、点字の印刷体験、点字名刺の作成体験
公益社団法人 東京都盲人福祉協会 パイオニア(就労継続支援B型事業所)販売ブース

2階
情報部:【企画展】歴史に触れる-時代を彩る日本建築の世界-(研修室)
情報部:写真展示(廊下)・点図の展示(研修室)
社会福祉法人 日本盲人福祉委員会:海外の点字絵本の展示ほか(研修室)
公益社団法人 日本あん摩マッサージ指圧師会: ワンコインマッサージ(事務室2)
団体事務局:ロービジョン体験(研修室C)
総合相談室・会計課:視覚障害何でも相談コーナー(会計前)

3階
点字図書館:点字図書館の見学、ボランティア体験
録音製作所:録音製作所の見学、アナウンサー体験

お問い合わせ
社会福祉法人 日本盲人会連合
電話:03-3200-0011(代表) Fax:03-3200-7755

詳細はhttp://nichimou.org/notice/160916-information-2/

【企画展】の詳細です。

皆様は、京都、奈良などの名所旧跡を訪れたことがある事と思います。
奈良は法隆寺や東大寺などの有名な寺院があります。
では、法隆寺にはどんな建物があって、どのように配置されているでしょうか。東大寺の大仏殿はどのような形をした建物でしょうか。

京都に行ってみましょう。

東山には清水寺、北部には金閣寺があることは誰でも知っています。では、清水の舞台から飛び降りるということばがありますが、清水寺の建物の構造はどのようになっているでしょうか。屋根はどんな形をしているかご存知でしょうか。また屋根はどんな材料で葺かれているかご存知でしょうか。金閣寺はどうでしょう。境内に入っても庭園を巡るだけで、池の中にある建物にたどり着くことはできません。

今回は、こうした歴史的建造物の模型やそれらに関連する資料を展示します。思い切りさわって確かなイメージを築いてください。イメージが豊かになると、名所旧跡の訪問もより楽しくなるはずです。そうしたきっかけになるような展示にしたいと思っています。

皆様、ぜひともご来場ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です