No.500 朗読発表会

山根基世さんの朗読指導者養成講座の第5期修了生有志による発表会が、国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれました。

ご存知のように山根さんは、元NHKのアナウンサーで女性初のアナウンス室長を務められた方です。2015年開講で過去には、私たちの会員さんも受講していました。

本当に久しぶりに会場に足を運び、対面の集いに参加しました。

検温、マスク着用、手指の消毒はもちろんです。
窓を大きく開けたり、密を避けるための人数制限をしたり、一回毎のマイクの消毒を徹底したりしていました。

立ったままの発表でしたので、壇上の左右と正面には、高いクリア板が設置されていて、正面部分は、都度消毒していました。

文字・活字文化推進機構 事務局のみなさんは、マスクにフェイスシールドを着用して、忙しそうでした。

当分は、こういうスタイルが続くでしょうから、私たちとしても参考になります。

さて、修了生有志15名による発表は、各3分です。男性もいます。

朗読でも音訳でも、言葉を相手に伝えるということは、最大の共通項だと思うのですが、難しいですね。言葉が明瞭でないと、相手には届かないわけですから。

このコロナ禍で不安も抱えながら頑張ってきた皆さんには、大きな拍手を送ります。

最後は、山根さんの「うしかたとやまんば」でした。さすがです。

さまざまな気づきがありました。

唐突ですが、対面によるコミュニケーションに勝るものはないとしみじみ感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です