No.11 神奈川リハビリテーション病院(厚木市)へ

「ロービジョンケア」の分野で孤軍奮闘されている仲泊先生と、隣接する七沢ライトホームのスタッフ、視能訓練士の方々にお話しを伺った。

私たち音訳ボランティアの存在を患者さんにどの時点で知らせられるか、一見簡単そうで難しいという現状を知ったということが、いちばんの収穫。志のある方とつながっていった先に見えてくるものに期待したいと、今回ほど思ったことはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です