No.96 総会 雑感

総会の翌日、遠方から参加して下さったあるグループのお二人と意見交換をするために、宿泊先のホテルでお会いしました。やはり、お金もかけ時間もかけて参加しているというのは目的意識がはっきりしています。「期待して参加した分科会だったが、あまり内容とは関係のないご自分たちの会の様子を話す人が多く、時間がもったいなかった」と言われました。

これはこの分科会だけではなく、他でもこういう状況のところがあったようです。確かに皆さん、それぞれに活発な特徴ある活動をしている所が多いせいか、成り立ちからはじまり、熱心に会の様子等話す人がいます。それはそれで、学ぶことはありますし、必要なこともあります。しかし、今回のように分科会というワクの中でテーマがあり、時間も限られているとなると、なかなか難しいですね。時と場合に応じた発言について考えさせられました。しつこいようですが、このこと一つについても、見方、考え方は、また十人十色だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です