No.114 コンサート

今年は例年よりひと月ほど早く11月14日(土)「競い合い、助け合うコンサート2009〜羽ばたけ視覚障害音楽家たち〜」が、いつもの都内杉並公会堂で開かれました。皆さまのおかげで50枚近いチケットを売りさばくことができました。いつもこのコンサートのことを一人でも多くの人に知ってもらい、会場に足を運んでほしい。視覚障害者への理解を深めてほしいと願っています。

今年は実行委員を仰せつかったおかげで、主催の視覚障害者支援総合センターの高橋實理事長はじめ、職員のみなさんのご苦労の一端がわかりました。当日は参加できないのに寄付のつもりでチケットを買って下さったり、家族や友人、そして何人もの障害者をお連れしたり、また、音訳テープやCDで案内を吹き込んで下さったり、グループの例会で紹介して下さったりとたくさんの方々の様々なご協力をいただきました。心から感謝申し上げます。

すべての演奏を聴くことができませんでしたが、2グループ4個人の出演者の中で、木下航志さん(ピアノと歌)と楊雪元さん(声楽と中国笛)だけは聴かせていただきました。木下さんは弱冠20歳、あの小柄で華奢な体のどこから出てくるのかと思われる力強い歌声。和製スティービーワンダーと呼ばれていることに納得。一方、楊さんのテノール、圧倒されました。その上、白杖でトルコ行進曲を演奏。!?!?!?でした。「知人に穴をあけてもらいました。日本点字図書館で買ったれっきとした白杖ですよ」と。

観客のみなさんからは、どれも素晴らしく、パワーあふれるものばかりで元気が出ました等々、感想が寄せられていました。早いですが、来年もぜひよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です