No.185 地震お見舞い

この度の大地震で被害に遇われたみなさまに心より、お見舞い申し上げます。私たちの会員の中の東北地方のみなさん、なかでも仙台市の仙台朗読奉仕の会、伊藤真己さんは、若林区の方、会のみなさんも当然市内の方々だと思われます。月刊「世界」音訳グループの外尾さんもそうです。

福島は、いわき声の奉仕グループ金野トシ子さんはじめみなさん、福島市の特定非営利活動法人にじの会、遠藤幸子さんとお仲間、青森八戸市のやまびこの会、岩手県盛岡市NPO法人岩手音声訳の会のみなさま、ご無事でしょうか?この他の地域のみなさんも、お元気でしょうか。そして何より目のご不自由な方々、ご無事でしょうか。

私ごとで、恐縮ですが、11日の地震発生時は、地下鉄の永田町駅に停車中の電車の中で遭遇しました。とりあえず地上に出て、ヘルメット姿のオフィスからの避難の人たちでごったがえす中、1時間ほど歩いた所で、運よくタクシーに乗ることができ、まだ渋滞前の道路が幸いし、早い時間に帰宅。その後家族は、夜中の2時に帰宅した者、会社で夜明かしした者、知人宅に泊めてもらった者とさまざまでしたが、おかげさまで、みんな無事でした。事務局もみんな、かわりありません。

「福島原発爆発」のニュースには、チェルノブイリなど遠い世界のことと思っていましたが、もはや何が起きても不思議ではない状況になりつつあるようです。大した被害もない都内にいても、日に何回も繰り返される余震は、やはり不気味です。被災地のみなさまの比ではありませんが。みなさまのご無事を祈るばかりです。さぞや不自由な日々を送られていらっしゃることでしょう。月並みですが、頑張ってください。 何かお手伝いできることはありますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です