No.281 点字図書館のブロック大会

各地の点字図書館では、それぞれにブロックごとの催しがあるようです。
以前、私も関東ブロックの集まりに呼んでいただいたことがあります。この度は、「東北・新潟・北海道ブロック点字図書館等連絡協議会」の「音訳・音訳校正・デイジー編集合同研修会」が、秋田県点字図書館を幹事館として、9月5日(木)~6日(金)に、秋田ビューホテルで開催されます。
5日は講演会です。
千葉の松井さんに、その講師をお願いしたいが、紹介してもらえないかと、連絡がありました。
音ボラネットでもお馴染みの方ですから、お安いご用です。
そして更には、図々しくも、松井さんのカバン持ちで、私も参加させてほしいとお願いしたところ、渡辺館長から、ご了解をいただきました。秋田県内には、2名の個人会員がいるのみ、せっかくの機会なので、多くのボランティアと交流したいと思いました。
後に、2日目の「協議」の講師は、会員の松本さんと判明。
それならなおのこと、応援の気持ちで参加したいと思いました。
点字図書館で、公共図書館の松井さんを招くということは、双方の交流という点でも、いいことだと思います。
私も全く同感なのですが、松井さんは、点字図書館も公共図書館も、そしてボランティアも、発想の転換が必要と言われています。
そして、読書障害者の読書環境の変化、私たちはそれにどう対応すべき等を、きちんとみせてくれる図書館職員であり、利用者でもあるわけです。
幅広いお話をたっぷりと伺えることでしょう。
渡辺館長以下、職員のみなさん、そして音訳ボランティアを含めた実行委員のみなさんが、熱心に準備を進めてくださっています。
せっかくの素晴らしい企画です。
点図のボランティアのみならず、多くのボランティアの参加を期待します。
東北・新潟・北海道のみなさん、交流できますことを、カバン持ちの私も楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です